革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

イソフラボンは更年期・美容の強い味方         

イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンに似ていると言われており、似たような作用をもっています。
そのため女性には必要不可欠な成分であったりします。
女性が女性らしい体つき、肌しつ、髪質なのはすべてこの女性ホルモンのせい、・・・いや、おかげなのです。
丸みをおびた優しいフォルム、肌もキメが細かくキレイ、そして日本人ならつややかな黒髪など、これらは女性ホルモンが引き出してくれたもの。

しかし、年を重ねていくに連れてそれらは崩れていってしまう・・・
そしてホルモンのバランスがくずれ精神的にも肉体的にも不快な症状に見舞われてしまう・・・
これを更年期障害ともいいますが、女性はこの女性ホルモンのエストロゲンによって健康も美しさも日々コントロールされているといってもいいほど。
そういった女性ホルモンのいたずらを予防するのがこのイソフラボンなのです。

イソフラボンはフィトエストロゲンともいわれていてエストロゲンの代わりになる代替成分とも言われています。
ですがホルモン自体よりはその影響はとてもゆるやかで、薬でたとえるなら漢方のようにゆっくり症状を緩和させてくれることから体にも負担にならないといわれています。
イソフラボン配合の化粧品も数多く販売されています。

更年期でよくきかれるのは顔のほてりやのぼせ、異様なまでの汗などが上げられます。
この治療にはホルモン療法が取り入られるようになってきていますが、ただ心配なのは副作用。
女性ホルモンを過剰なまでに摂取してしまうと乳がんの引き金になる場合もあるのです。
しかし食品であるイソフラボンはそのような副作用の心配はありませんので、あたらしいホルモン療法になるのでは?とも言われています。
イソフラボンの更年期障害緩和効果についてはこちらのサイトで詳しく解説されています。

また美肌にもイソフラボンはとても効果的とされていて角質の水分量を保持し、乾燥をふせぎ、ツヤのはる肌へと導いてくれるだけではなくメラニンを抑えてシミなどを防ぐとも言われています。
またそれ自体が抗酸化物質のポリフェノール類に分類されることもあり抗酸化作用が高く、紫外線やストレスから肌を守ってくれることも期待できます。

ますます女性には欠かせない成分となってきたイソフラボンの効果に今後も目がはなせませんね!
そんなイソフラボンの適正量と過剰摂取による副作用を知っておきましょう。